妊娠と基礎体温についての常識と非常識

妊娠を望んでいる大抵の人がやるのが、まず基礎体温をつけることだと思います。不妊治療をしている病院でも基礎体温を重視しているところは多くて、初診では3か月分の基礎体温表を求められることもしばしばです。

私も二人目がなかなかできなくて、病院へ行く前に自分でできることはやってみようと色々調べて、まず基礎体温をつけることにしました。私は朝が弱く、毎朝決まった時間に基礎体温をつけるのは本当に苦痛でした。また舌の裏に体温計をさして計るのですが5分近くじっとしてないといけなくて、結局3か月つけて止めてしまいました。

基礎体温表はその時のホルモンバランスが本当にはっきりと表れます。私はつけ始めた月が本当に体温がバラバラで、とてもショックだったのを覚えています。見本ではきれいな二層に分かれているのに、私のはギザギザで、全く層になっていませんでした。もしかしたら自分はきちんと排卵できていないかもしれないと本当に悩みました。

しかし翌月はとてもきれいな二層になっていたのです。こんなにホルモンバランスもいいんだし絶対に妊娠できるはず、と思って子作りをしたのですが、結局できませんでした。

基礎体温表は自分の体を知るとても良い手段だと思います。不妊治療に通うようになって先生に基礎体温のことを話したら、基礎体温がストレスになる人もたくさんいるから、止めたければ止めてもいいと言ってもらえて今ではつけていません。

着床しやすくするにはとあまりにも基礎体温に振り回されてストレスになっているならつけるのをやめてみるのも良い方法かもしれません。